皮膚科

皮膚科

皮膚科のイメージ写真

皮膚に発症する病気は非常に沢山の種類があります。おできやイボなどの皮膚疾患の中には、一般の方にとって同じように感じられているケースも少なくないようですが、発症原因は、外因子によるもの、内的因子によるもの、加齢によるものなど、実に多様で、中には原因がつかめていない疾患もあります。
そのため、皮膚疾患は、簡単に治るものもありますが、根治的な治療法がなく、根気よく付き合っていく必要のある慢性疾患も少なくありません。しかし、適切なスキンケアや生活習慣の見直しとともに、外用、内服や症状によっては注射、紫外線療法などを繰り返していくことにより、より良い状態を保つことは可能です。

当院では、皮膚科専門医が患者様の皮膚症状を見極め、正確な治療を行うよう心がけております。赤ちゃんからお年寄りまで幅広い方の皮膚トラブルを診療いたしますので、皮膚の異常が見られたとき、皮膚に関する心配事があるときにはお気軽にご相談ください。

主な皮膚疾患

湿疹

皮膚科を受診される患者様にとても多くみられる症状です。赤いぶつぶつや小さな水疱などが混ざっていて、かゆみを伴うことが多い症状です。
原因は刺激によるものが多いですが、アレルギー、自己免疫、薬剤などによるものもあります。脂漏性湿疹という、皮脂が多い頭部や顔、胸背部に生じやすい湿疹もあります。
治療は、かゆみや炎症を抑える外用薬や内服薬を使用します。

接触皮膚炎(かぶれ)

皮膚に直接触れたものが原因となって起こる炎症や湿疹をかぶれ(接触性皮膚炎)と言います。ご自身で原因がわかっているケースと、原因とは気がつかないまま使用し続けているケースがあります。アレルギー性接触皮膚炎は、化粧品、毛染め料、香水、アクセサリーの金属、ゴム製品や皮革の加工に使われる化学物質、植物、果実、外用薬・消毒薬・点眼薬など、身のまわりにある無数のものが原因になりえます。原因を特定する場合は、「パッチテスト」を行います。パッチテストとは、原因と思われる物質を皮膚に貼りつけて反応を見る検査です。原因物質がわかったら、その物質が含まれるものに接しないように気をつけることが大切です。

金属アレルギー

当院では、金属に対するアレルギーテストである金属パッチテスト(健康保険適応)を行っております。
ピアスや歯科で使用される金属の15種類(アルミニウム、コバルト、スズ、鉄、白金、パラジウム、マンガン、インジウム、イリジウム、銀、クロム、ニッケル、亜鉛、金、銅)を検査することができます。

じんましん

かゆみの強い、蚊に刺されたような盛り上がった発疹が数時間~24時間以内にできて消えていく皮膚疾患をじんましんと言います。じんましんの原因は、食べ物や内服薬、細菌やウイルスの感染など様々ですが、原因が特定できないことが少なくありません。検査として血液検査IgE RAST法、一般血液検査等を行います。
治療は抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などの内服薬を使用します。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、痒みを伴う湿疹が繰り返し起こる疾患です。患者様の多くは、皮膚が敏感で乾燥しやすい素因と、アレルギーを起こしやすい体質の両方を有しています。小さなお子様の場合は食物アレルギーが原因となっているケースもあります。
治療にあたっては、まずは症状が悪化している因子を取り除くことが必要です。さらに、保湿剤などを用い、日常的にスキンケアを行っていきます。その上で、ステロイドや免疫抑制剤などの外用薬や、かゆみをコントロールする内服薬を用いる薬物療法を実施します。これらの治療でコントロールが難しい場合は、紫外線療法(ナローバンドUVB)を併用したりすることもできます。
近年アトピー性皮膚炎の治療は、様々な新薬が登場し、治療法に選択肢が増えています。治療に精通したアレルギー専門医のもとで治療を進めることにより、副作用を軽減し、十分な効果を得ることが期待できます。

ニキビ(尋常性ざ瘡)

ニキビは多くの人が経験する身近な皮膚疾患ですが、顔にできやすいため精神的に負担が大きい疾患です。
ニキビの直接的な原因は、皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりです。過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まり、面皰(めんぽう)という状態になります。この毛穴に溜まった皮脂を栄養源にしてニキビ菌は増殖していき、炎症を起こし症状を悪化させます。
通常のニキビと似た症状を起こす、ニキビダニざ瘡、マラセチア毛包炎など別の疾患もあります。
治療は、日本皮膚科学会の治療ガイドラインに基づいて、外用薬や内服薬を組み合わせて行います。治りが悪い場合には、ケミカルピーリング(自費)なども効果があります。

水虫

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビ(真菌)の感染により発症する疾患で、足以外にも爪、体の皮膚、頭皮などに感染することがあります。
水虫の診断は皮膚または爪の一部を採取し顕微鏡で白癬菌を確認することが必要です。一見水虫のように見えても実は湿疹である場合も多く、かぶれをおこしてから受診される方も多くいらっしゃいます。やはり皮膚科での正確な診断、治療を受けるのが完治への近道です。
治療は、病態に応じて外用薬や内服薬を使います。

イボ

イボには、ヒト乳頭腫ウイルスの感染により生じる一般的なウイルス性疣贅(いぼ)や扁平疣贅、伝染性軟属腫ウイルスの感染によるみずいぼ(伝染性軟属腫)などがあります。
ウイルス感染ですので、放置すると感染して増えることもあります。
治療は、摘除や液体窒素療法、内服療法、外用療法などを行います。イボの治療は、1回で完治せず複数回の治療が必要となることがあります。根気よく治療を続け、一緒に完治を目指しましょう。

ヘルペス

単純ヘルペスウイルスの感染で起き、顔にできる1型と外陰部や臀部などの下半身にできる2型の2種類のウイルスがあり、初感染で口内や外陰部に発疹が生じた時は高熱と激痛が伴います。ヘルペスの治療としては、抗ウイルス剤の内服と外用を行います。発疹の出る前にチクチクするなどの予兆が出ることが多く、その時点で内服を始めると、治りが早まります。
単純ヘルペスウイルスは神経節に入って潜伏するため、薬で完全に除去することはできず、寝不足、疲労、風邪などによって免疫力が下がると増殖し、再発しがちです。再発を頻繁に繰り返す場合、PIT( Patient Initiated Therapy)という、あらかじめ処方された薬剤を初期症状に基づいて患者様の判断で服用を開始する治療方法もあります。

帯状疱疹

水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性化によって発症するため、水痘(みずぼうそう)を経験した方か水痘の予防接種をした方にのみ起こります。頭部から下肢までの間の片側の一定の神経支配領域に痛みを伴った小水疱が帯状に生じます。帯状疱疹後疼痛として長い間痛みが残ってしまうことがあります。
帯状疱疹は、早く皮膚科を受診して早期に治療を開始することが何よりも大切で、これにより帯状疱疹後疼痛の発症頻度を少なくすることが可能です。

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹の予防に50歳以上の方を対象としたワクチンがあります。予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありませんが、たとえ発症しても症状が軽くすむという報告があります。詳しくは医師とご相談ください。

乾癬

乾癬は、境界のはっきりした赤い発疹で、銀白色の鱗屑(かさかさとした暑いカサブタ)が付着しています。かゆみを伴うこともあります。症状は、慢性に機械的な刺激を受けやすい頭、肘や膝、腰回りなどに出来やすく、爪の変形や関節炎を伴うこともあります。
手のひら、足の裏に膿疱ができる掌蹠膿疱症も乾癬の類縁疾患です。
乾癬は慢性の病気で、良くなったり悪くなったりを繰り返すことが多い疾患です。治療は、患者様の症状、置かれた状況などにより様々な治療法のなかから選択することになります。治療は、ステロイド、ビタミンD3製剤の外用、紫外線療法、内服療法、生物学的製剤の注射などがあります。

多汗症

汗は皮膚に存在する汗腺から分泌され、主に体温調節に役立っています。汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類がありますが、主にエクリン腺から分泌される汗が多すぎて日常生活に支障を来すようになるのが多汗症です。
多汗症には、内分泌代謝異常や神経疾患に伴う続発性多汗症と、原因のない原発性多汗症に分けられます。また、全身の汗が増える全身性多汗症と、手のひら、足の裏や脇など局所的に汗が増える局所多汗症に分けられます。
治療は、数種類の外用薬や内服薬を行いますが、症状が重く難治性の腋窩多汗症の方にはボトックス(A型ボツリヌス製剤)の局所注射という選択肢もあります。

脱毛症

円形脱毛症

境界のはっきりとした丸い脱毛斑が突然出現する疾患で、数ヶ月で自然治癒することが多いですが、数が増えたり頭髪以外にも脱毛が拡がることもあります。
毛包に対する自己免疫反応が起き脱毛するということはわかっていますが、その原因はまだ不明です。アトピー性皮膚炎や甲状腺疾患など内科的疾患に伴って生じることもあるので、必要に応じて採血などの検査を行います。
治療は、外用薬、内服薬のほか、ステイロイドの局所注射、紫外線療法などを行います。

ウオノメ、タコ

慢性的な物理的圧迫によって、反応性に角質が肥厚して主に足底に生じるもので、中心部が芯のように真皮に深く侵入しているため魚の目のような見た目で痛みを伴ううおのめと、角質が一様に肥厚するたこがあります。足底のウイルス性のイボとの鑑別が必要となることがあります。
治療は、メスなどによる肥厚した角質の除去を行い、角質軟化剤の外用を行うとともに、原因となる圧迫の除去が重要です。

ほくろ

メラノサイトと呼ばれる色素細胞が増殖し、皮膚の表面に出来る黒いあざを医学用語では色素性母斑と定義していますが、一般的には「ほくろ」と呼ばれています。通常は悪性化しないので、放置しておいても問題はありません。しかし、単なるほくろだと思っていたものが、実は深刻な悪性腫瘍だったということもありますので、一度、専門医の下で診断を受けておくと良いでしょう。

皮膚がん

皮膚に生じる悪性腫瘍には、皮膚の色素を作る細胞ががん化した悪性黒色腫、表皮の基底層や毛包を構成する細胞が悪性化した基底細胞がん、皮膚の角化細胞が癌化した有棘細胞がんなどがあります。予後が悪いタイプもありますので、今まで無かった皮膚病変が見られたときは、お早めに皮膚科を受診して下さい。特に、黒色・褐色・赤色のできものが急速に大きくなってきたときは要注意です。そのような場合は、患部を刺激してはいけません。なお、当院での検査によって悪性腫瘍の疑いがあるときは、専門医療機関などをご紹介いたします。

虫刺され

生活環境にもよりますが、日常生活の中でも、蚊やダニ、ノミ、ハチ、ケムシなどによる虫刺されはよく見られます。その多くは、特に治療しなくても次第に痒みが治まり、治癒するのですが、ハチに刺されたときなどは、血圧低下や意識の消失など、アナフィラキシーショックが起こることもあり、注意が必要です。ハチに刺された経験のある方、過去にアナフィラキシーショックを起こしたことがある方は、緊急時に備えて専用のお薬を携帯することをお勧めします。

やけど

やけどは、熱い物体が皮膚に接触することで起こります。積極的な治療を行なわなくても済む軽度なものから、命に関わる重度のものまで様々な程度があり、その状態によって治療法も変わってきます。やけどが全身に及んでいる場合などは、ご自身で対応することは出来ないので、急いで救急車を呼んでください。
やけどを負ったときは、まずは患部を冷やすことが大切です。流水によって皮膚の温度を下げ、障害の程度が進行しないようにします。そして、出来るだけ早く受診して下さい。
また、湯たんぽなどによる低温熱傷は、低温であっても接触時間が長く、非常に深い傷になることが多いため、直接触れないように気を付けて使用する必要があります。