小児皮膚科

小児皮膚科とは

小児皮膚科のイメージ写真

お子様の皮膚は、成人と比較して薄く、皮膚のバリア機能も未熟です。そのため、角質の内側の水分が蒸発しやすく、細菌や有害物質が皮膚の奥にまで侵入し、頻繁に肌の病気が出現することも少なくありません。小児皮膚科では、主に新生児から中学生くらいまでのお子様に対し、それぞれの年代の肌の特徴や疾患の傾向などを踏まえ、皮膚に生じた様々な疾患の治療やケアを行います。
当院では、お子様によく見られる皮膚疾患について、丁寧に問診を行い、一人ひとりの症状を的確に見極め、必要な検査や治療を進めてまいります。また、非常に繊細なお子様の皮膚が細菌などに感染するリスクを減らすため、必要となる肌ケアの方法などもアドバイスしておりますので、お気軽にご相談ください。

主な皮膚疾患

おむつかぶれ

オムツをしている時期の乳幼児によくみられる症状です。尿や便に含まれるアンモニアや酵素などの成分が肌を刺激し、オムツが触れている部位に赤いブツブツやただれが出来ます。特に、下痢をしたときには細菌が繁殖しやすく、湿疹が悪化することもよくあります。通常は、洗面器などにぬるま湯を張り、おしりのかぶれている部分を丁寧に洗い、ワセリンや軟膏を塗布することで症状が収まります。しかし、症状がひどい場合は少量のステロイド軟膏が必要になることもあります。
治りが悪い場合はカンジダ菌による皮膚炎の可能性もありますので、自己判断せず必ず経過を確認してもらいましょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、痒みを伴う湿疹が繰り返し起こる疾患です。患者様の多くは、皮膚が敏感で乾燥しやすい素因と、アレルギーを起こしやすい体質の両方を有しています。小さなお子様の場合は食物アレルギーが原因となっているケースもあります。
アトピー性皮膚炎の治療にあたっては、まず症状が悪化している因子を取り除くことが大切です。さらに、保湿剤などを用い、日常的にスキンケアを行っていきます。その上で、ステロイドや免疫抑制剤などの外用薬を用いる薬物療法を実施します。ステロイドの塗り薬や飲み薬に関しては、抵抗感をお持ちの方も少なくないようですが、治療に精通したアレルギー専門医のもとで治療を進めることにより、副作用を軽減し、十分な効果を得ることが期待できます。

とびひ

とびひは、あせもや虫刺されを掻きこわした傷、すり傷、ジクジクした湿疹などに細菌が感染して起きます。これらの細菌は、健康な皮膚では症状は起こしませんが、傷ができていたりアトピー性皮膚炎があったりすると、皮膚の抵抗力が弱くなっているため感染してしまいます。とびひの治療では、抗生物質の飲み薬と塗り薬(抗生物質やステロイド剤)を使います。また、細菌培養検査にて原因となる細菌を同定し、最も効果のあるお薬を処方いたします。生活上では、病変部をしっかりとシャワーで洗い流し菌をできるだけ減らしてあげることが重要です。

イボ

イボには、ヒト乳頭腫ウイルスの感染により生じる一般的なウイルス性疣贅(いぼ)や扁平疣贅、伝染性軟属腫ウイルスの感染によるみずいぼ(伝染性軟属腫)などがあります。
ウイルス感染ですので、放置すると感染して増えることもあります。
治療は、摘除や液体窒素療法、内服療法、外用療法などを行います。イボの治療は、1回で完治せず複数回の治療が必要となることがあります。根気よく治療を続け、一緒に完治を目指しましょう。

あざ

あざとは、皮膚の一部がその周りの色と違って見えるものをいい、色の違いにより赤あざ、青あざ、茶あざなどと呼ばれています。通常は、生まれつきか小児期にかけて皮膚に出現することが多いです。
自然に消えていくことが多い青あざのひとつである蒙古斑や、赤あざのひとつである正中部母斑もありますが、早期に治療を開始した方が良い乳児血管腫などもありますので、あざがある場合は一度専門医を受診しておくと良いでしょう。